日本エレクトロ・ハーモニックスロゴ画像

  

two notes logo

Torpedo Captorロードボックス & アンプ用DI

twonotes torpedo captor

オープン価格

【4Ω】JAN : 4519581036194 | CODE : TNCAP4

【8Ω】JAN : 4519581036200 | CODE : TNCAP8

【16Ω】JAN : 4519581036217 | CODE : TNCAP16

製品概要

本機は、ロードボックス+アンプ用DIボックスです。真空管アンプから音を出さずにレコーディングする際に使います。これで、直接ミキサーやオーディオ・インターフェイスに繋ぐことができます。音を出しながらのレコーディングもでき、加えてアッテネーター機能(-20dB)もあります。

DAW用のプラグインWall of Soundが付属しているので、録音したサウンドをスピーカー・シミュレートできます。更に、本体にアナログ・スピーカー・シミュレート出力もあります。

Torpedo Captorを使えばキャビネットや大音量やマイクはいりません。深夜でも音を出さずに、気に入った音で簡単にレコーディングできます。また、重いキャビのせいで起こる腰痛、近隣|会場スタッフ|バンド仲間からの苦情や、音量を下げたイマイチなサウンドのせいで起こるフラストレーションからも開放されます。

本機はライブ or スタジオ作業のどちらでも活躍します。

インピーダンス

4Ω|8Ω|16Ωの3タイプ

Placeholder image

本機は、インピーダンスに合わせて4Ω|8Ω|16Ωの3タイプがあります。アンプに合ったモデルをお使いください。サイズは大きめなDIボックス程度なので、ペダルボードやアンプの上に置くことができます。

どれを選べばいい?

コンボアンプの場合

コンボアンプのスピーカーの合成インピーダンスと同じモデル。

アンプの出力インピーダンスが固定の場合

アンプのインピーダンスと同じモデル。

インピーダンスを切り替えられるアンプの場合

どのモデルでもOKですが、最も一般的なスピーカーのインピーダンスと同じ8Ωモデルをお勧めします。

インピーダンスを切り替えられるアンプと1台のスピーカー・キャビネットがある場合

スピーカー・キャビネットのインピーダンスと同じモデル。

何台かのアンプとスピーカー・キャビネットがあり、全て同じインピーダンスの場合

同じインピーダンスのモデル。

何台かのアンプとスピーカー・キャビネットがあるが、インピーダンスがそれぞれ異なる場合

音を出さずにプレイしたいアンプのインピーダンスに合わせる。THRU出力端子を使えば、Torpedo Captorと異なるインピーダンスのアンプとスピーカー・キャビネットの組み合わせも可能です。

特長

ロードボックス

Placeholder image

自宅では無音や小音量で弾かなければいけないことが多いですよね。加えてこれからは、ステージやスタジオでもそんな場面が増えてくるでしょう。そんな時、このTorpedo Captorをアンプのスピーカー・アウトに繋げば、スピーカー・キャビネットを繋がなくても真空管アンプを使うことができます。

本機では、リアクティブ技術によりスピーカーのインピーダンスをシミュレートしています。もう誰もが本物のスピーカー・キャビネットの音だと思うでしょう。

アンプのスピーカー出力端子を繋ぎます。間違えないように、この端子だけ「赤いナット」が付いています。接続には必ずスピーカー・ケーブルをお使いください。

アッテネーター

Placeholder image

ステージでは本物のキャビネットから音を鳴らしたいという方のために、本機にはスピーカーを繋ぐためのスルー端子とアッテネート端子があります。スルー端子はそのままの音量です。

スピーカー・キャビネットから出る音が大きすぎる場合は、本機のATT出力端子からキャビネットに繋ぎます。これで音量を下げられます。

スルー出力:スピーカー・キャビネットを繋ぐとロードボックス機能はオフになり、アンプはスピーカー・キャビネットに直接接続されます。

ATT-20dB出力:スピーカー・キャビネットから出る音が大きすぎる場合はここからキャビネットに繋ぎます。これで音量を下げられます。

アンプ用DIボックス

Placeholder image

本機にはDI出力があります。XLR端子で、ミキサーに送ったり、オーディオ・インターフェイスに繋いだりできます。LINE出力とは違い、DI出力からはスピーカー・シミュレートしたサウンドを出力できます。これにより他のスピーカー・シミュレーターを使わなくとも直接モニターできます。

出力レベルはOUT LEVELノブで設定します。DI出力機能には電源が必要です。最も簡単な方法は、マイク入力からの48Vファントム電源を使うことです。もしくは、別売の電源アダプターを使います。

アナログ・スピーカー・シミュレート

two notes torpedo captor

本機をステージで使えば、アンプの音を直接PAに送ることができます。その場合にはアナログのスピーカー・シミュレート機能が活躍します。

サウンドは、ギター用 or ベース用を選べ、使わない場合はOFFにもできます。これでモニター用と客席用のリアルなアンプ・サウンドを鳴らすことができます。

使用例|接続例

ステージで使う

Placeholder image

本機のアンプ専用DIボックス機能を使えばマイクを立てる手間がかかりません。使い方は、真空管アンプとPAの間に本機を繋ぐだけです。スピーカー・シミュレーターも搭載しているので、マイキングしたようなリアルなサウンドを、PAに直接送ることができます。シミュレートはギター or ベース・キャビネットを選べます。

ステージで使う(キャビを鳴らす)

Placeholder image

もし、ステージ上でキャビネットを鳴らしたいなら、本機のスルー端子にキャビネットを繋いでください。

Placeholder image

アッテネーターとして使うなら-20dB端子に繋ぎます。尚、本機は48Vファントム電源で作動するので、電源アダプターは不要です。

スタジオで使う

Placeholder image

本機を使えば、アンプからオーディオ・インターフェイスやマイク・プリアンプに繋げます。付属するパソコン用のWall of Soundプラグイン・ソフトを使えば、凝ったマイキングも簡単です。これで、レコーディング作業が素早く簡単にできます。

自宅で使う

Placeholder image

本機があれば、オーディオ・インターフェイスにアンプ入力を付け加えられます。これでマイキング用の部屋も必要ありません。マイキングは付属のWall of Soundプラグインで行えます。

本機には、パワーアッテネーター機能と、音を出さずにプレイできるロードボックス機能があります。スピーカー・シミュレートしたサウンドのモニターは、本体のアナログ・シミュレーション機能や、付属のWall of Soundプラグインを通して行えます。

各部説明

フロント・パネル

two notes torpedo captor front panel

リア・パネル

two notes torpedo captor x rear panel

パソコンと連携

本機はパソコンと連携して使用できます。連携できるアプリは2種類です。

それぞれTwo notesのウェブ・サイトでダウンロードできます。ご使用環境に合ったものをお選びください。

リンク:Two notesのダウンロードサイト

Torpedo Wall of Sound

two notes torpedo wall of sound

スピーカー・キャビネットとマイキングのシミュレーションを行うパソコン用アプリです。DAWのプラグイン・ソフトとして使います。Torpedoハードウェアと同品質のスピーカー・シミュレーションを、パソコンで行えます。本体をお持ちの方は以下のキャビネットを無料でお使いいただけます。

Torpedo BlendIR

two notes torpedo blendir

IR(インパルス・レスポンス)の研究や実験をするパソコン用のアプリです。異なるIRをミックス|IRを微調整|IRを加工することができる他、IRをTorpedo本体に転送することができます。

Wall of soundで使えるシミュレート

ギター・キャビネット・リスト

PinnacleHG Dr. Z ® “Z-Best®” Thiele Ported 2×12 with v30′s.
Voice30Blue the Vox® AC30® loaded by the famous Celestion® Blue AlNiCo®.
TangerFat PPC412HP© 4×12 Orange® with Celestion® Heritage G12H (55Hz) and Celestion© G12M Heritage Greenback
Burn It Brunetti® Dual Cab XL 2×12 half back with Eminence® The Governor.
Recto Over a Mesa Rectifier 4 x12 Cabinet. Equipped with a Celestion® Vintage 30.
BigBaby K100 Zilla® FatBaby, 1×12 Closed Back, 8Ω. Equipped with a Celestion® G12K-100.
Studio ZG12H Zilla® Studio Pro, 2×12 Closed Back. Equipped with a 16Ω Vintage 30 and G12H Creamback 75.
BrownyBack a 4×12 perfect for the Eddie Van Halen “Brown Sound”, equiped with Celestion® Greenbacks.
Brit1935 a Marshall® 4×12, dating from 1971. Equiped with the original Celestion® “Rola” speakers.
Fried30 Friedman® 4×12 Vntage equiped with Celestion® G12M25 and V30. Close Mic’ing done infront of the v30’s.
Ferret Suhr® Badger 2×12″ OB equiped with Warehouse® Veteran30.
BoGreen Bogner® 4×12 equiped with Greenbacks G12M25 Reissue at 16Ω.

ベース・キャビネット・リスト

Fridge 9 Ampeg® V.9 9×10”.
NewYork Markbass® 4×6″ equiped with 4×6″ Neodymium speakers custom made by B&C®.
WGrandBlvd Ampeg® B15N 1×15″ CB equiped with Jensen® C15N, Vintage Ceramic Speaker.
Fat Mama Ampeg® SVT-410HE 4×10 equiped with Eminence® Speakers.

マイク・リスト

Dyn 57 ダイナミック・マイク Shure® SM57
Dyn 421 ダイナミック・マイク Sennheiser® MD421
Knightfall コンデンサー・マイク Blue® Dragonfly
Cnd 87 コンデンサー・マイク Neumann® U87
Rbn160 リボン・マイク Beyerdynamic® M160N
Rbn121 リボン・マイク ruban Royer® R121
Dyn Bass 20 ダイナミック・マイク Electrovoice® RE20
Dyn Bass 52 ダイナミック・マイク Shure® Beta52

パワー・アンプ・リスト

SE 6L6 Single-ended Class-A with 6L6
SE EL34 Single-ended Class-A EL34
SE EL84 Single-ended Class-A with EL84
SE KT88 Single-ended Class-A with KT88
PP 6L6 Push-pull Class-AB with 6L6
PP EL34 Push-pull Class-AB with EL34
PP EL84 Push-pull Class-AB with EL84
PP KT88 Push-pull Class-AB with KT88

スペック

リアクティブ・ロードボックス 入力インピーダンス:4|8|16Ω(モデル毎に専用)
許容入力:100W RMS
冷却ファン:電源不要(アンプからの出力により作動)
熱保護:過熱により保護回路作動
入出力 アンプ入力:1/4インチ端子、アンバランス(TS、Tip/Sleeve)
スピーカーATT:1/4インチ端子、アンバランス(TS)、減衰量は-20dBです。
スピーカー・スルー:1/4インチ端子、アンバランス(TS)、アンプ入力から直結。TRHU端子を使用するとロードボックス機能が停止します。
ライン出力:1/4インチ端子、バランス(TRS)、インピーダンスは約1kΩ。スピーカーシミュレーションは無し。
DI出力:バランスXLR端子。インピーダンスは600Ωです。スピーカー・シミュレーションはGTR|BASS|OFFを選べます。
スピーカー・シミュレーション ギター用|ベース用。アナログ回路。Torpedoバーチャル・キャビネットを参考に設計しています。
電源 XLR DI出力とスピーカー・シミュレーション用に必要です。
ファントム電源 or DC端子(2.1 × 5.5 mm、センターマイナス)
消費電流:5 mA
サイズ 寸法:175 × 126 × 62 mm
重量:1 kg

Torpedo比較表

  Studio LIVE Captor-X Captor Reload C.A.B. M+
サイズ 2U 1U DIボックス  DIボックス 2Uデスクトップ ペダル
冷却ファン付ロードボックス 150W RMS • 200W Peak(4|8 |16Ω) 100W RMS (8Ω) 100W RMS (8 or 16Ω) 100W RMS (4 or 8 or 16Ω) 150W RMS • 200W Peak(4|8 |16Ω)
ロードボックス・タイプ レジスティブ&リアクティブ リアクティブ リアクティブ リアクティブ リアクティブ
負荷補償 ◯(レジスティブ・モード)
スピーカー入力 ◯(スピーカー要接続)
インスト入力/ペダル入力 コンパチブル コンパチブル
バランス・ライン入力 コンボ ¼″/XLR × 2 ¼″ TRS ¼″ TRS ¼″ TRS
バランス・ライン出力 XLR × 2 ¼″ TRS XLR × 2 XLR • ¼″ TRS XLR×1 ¼″ TRS
ヘッドホン出力 ¼″ TRS ¼″ TRS ¼″ TRS ⅛″ TRS
デジタル入出力 AES/EBU • S/PDIF S/PDIF出力のみ
ワードクロック入力 BNC
MIDI MIDI In + Out/Thru MIDI Inのみ MIDI Inのみ
USB
コンバーター 24 bits • 192kHz 24 bits • 96kHz 24 bits • 96kHz 24 bits • 96kHz
プロセッシング・チャンネル数 2 1 1 1 1 1
シミュレーションIR数 2 2 2 2
マイク位置設定
バリファイ
オーバーロード
Two noteキャビネット数 50 32 32 16(WoS使用時) 24(WoS使用時) 32
ライブラリ拡張
キャビネット・スロット数 50 32 32 32
IRスロット数 50 512 512 512
マイク数 8 8 8 8(WoS使用時) 8(WoS使用時) 8
パワーアンプ・シミュレーション数 8 8 8(WoS使用時) 8(WoS使用時) 8
エフェクト 5バンドEQ、エキサイター、コンプ、リバーブ 5バントEQ、リバーブ エンハンサー、リバーブ、ツイントラッカー、EQ、ノイズゲート 5バンドEQ、エキサイター、コンプ、リバーブ(WoS使用時) 5バンドEQ、エキサイター、コンプ、リバーブ(WoS使用時) エンハンサー|ノイズゲート|リバーブ|5バンドEQ
レイテンシー(ms) ノーマル:5.1
ロー:3.1
1.7 2.2 2.2
two notes logo