ART
ART TPS2

TPS II

2CH V3回路搭載真空管プリアンプ with OPL

価格 ¥42,000 +税

JAN 4519-5810-20254

CODE TPS2

独自のインプットインピーダンスコントロール

ラージコンデンサーマイク、リボンマイク等、幅広いマイクの特性を最大限に活かすことも、また敢えてミスマッチングサウンドをクリエイトすることが可能な可変インプットインピーダンスコントロールを搭載しています。そのため、入力インピーダンスによる音像の変化をも自由にコントロール可能です。

TPS2

素早く、最適なヴォイシングが可能なV3を搭載し、ARTならではの真空管によるウオームなサウンドが得られるTPSに更に入力インピーダンスを可変可能なインプットインピーダンスコントロール、LEDインプットメーター、オートマイク楽器スイッチング機能が追加され、よりサウンドバリエーションとクオリティが高くなりました。

更に進化したプリアンプ

TPS2 Preamp

プリアンプ部は原音に忠実で120dBものダイナミックレンジをほこるディスクリートプリアンプ部と、更に進化したV3真空管(12AX7)ヴォイシングゲイン段にて構成されています。更にインプットLEDメーターを搭載しておりインプットアンプのドライブ量もモニター可能です。

V3(VARIABLE VALVE VOICING)

TPS2 V3回路簡単にかつ素早くトップエンジニアのような美しいサウンドを得られるよう、また幅広いスタイルのヴォーカル、楽器に即座に対応できるよう、プロエンジニアによってプリセットされています。そのため、簡単にヴォーカルやギター、ベース、その他アコースティック楽器等に真空管ならではの温かさと厚みを加えることができます。

OPL回路

OPL回路(Output Protection Limiting)を内蔵しており、レコーダー等でクリッピングを発生しないようレベルコントロール、ノーマライズできます。

オートスイッチングインプット

TPS2 Inputフロントパネルの楽器入力に入力しますと自動でリアXLRをオフにします。そのため、リアコネクターにケーブルを接続したまま、自由にフロントに楽器を接続可能です。

 

 

特長

TPS2 リア

 

スペック